かわいいお花とスクワラン

オーガニック&ナチュラルスキンケアショップOrganaturicsのCanaです♪


今日はやっとこ重い腰を上げて庭のお手入れを・・・


と、途中で雨が降ってきたので、休憩と思いきやそのまま終了のようです。チーン


草むしりや落ち葉をかき集めたたけで結構腰にきますね^^;

畑仕事ってすごくいいエクササイズになるって聞いた事があるのですが、
本当ですね^^うちのおばあちゃんは80歳をすぎても自家菜園が好きで、畑仕事をしてました。

だからあんなに元気だったのかなあ?


そして土や緑に触れてると、なんか心落着くのは私だけでしょうか^^



『雑草』はこの世界には一つもないんですよね。



何の植物かは分かりませんが、きれいな花だったので家の中に飾ろうと。


IMAG3007.jpg



家の庭にはトロピカルな花がたくさん咲きます。

ケアンズではオーキッド(蘭の花)が外で成長し花を咲かせます。

ヘリコニアなどはすごく派手(笑)で、すごく映えるのですが、なんかこの小さくて、やさしいパープルカラーのこの花のほうが、癒される~。

下のつぼみにも花が咲いたらもっと素敵♡




最近は雨が多くなってきたケアンズ。でも必要な雨なので、うれしいです。

そして湿気が多いという事は肌にもいい環境です(笑)







さて、ここ3週間程朝、晩と使いつづけています


オリーブスクワランオイル


ホホバオイル
好きの私ではありますが、スクワランかなり気に入っています。



ホホバとオリーブスクワランは成分が違いますから、きっと私の肌にはスクワランも必要だったのかも~!なんて思っています。

ちなみに、ホホバオイルは『ロウ』、オリーブスクワランはそのまま『スクワラン』

ロウとスクワランは人間の皮脂成分の代表的な保湿成分です。




ちなみに他の皮脂成分ですと、例えばαリノレン酸とか。

ビタミンCでおなじみのローズヒップオイルはこのαリノレン酸が多く含まれるのですが、

個人的にローズヒップオイルはあまり合わなかったというか、大した実感はなかったのです。

だから私には必要のない成分だったのかな?と。


こんな感じで自分に合ったオイルを見つけています。




オイルはオイルでもすべて同じではありません。

それぞれに含まれる成分が違い、効能も違うわけです。


これは使ってみて、実感してどれがいいか、どれが自分に合うかを探していくほかありません。


ホホバオイルをいろいろ使ってみてもなかなか合わないという方は、
ホホバを一旦やめて、他のオイルを試してみてもいいと思います。


実際私はオリーブスクワランが私にとってこんなにいいと思ってませんでした(笑)





最近は湿気も多いせいでしょうか、肌の調子がとてもいい。

湿気か、それともスクワランオイルか・・・きっと両方がいい感じなのでしょう^^




これから寒さも増し、乾燥も厳しくなってくる日本。


冬の乾燥肌対策は万全ですか?




11月はホホバオイルが割引価格です!






乾燥はお肌の天敵です!

↑クリックプリーズ♪


スポンサーサイト

塗ってよし、食べてよしココナッツオイル!

オーストラリア発オーガニック・ナチュラルスキンケアショップOrganaturics店主のCanaです♪


南国といえば・・・


ココナッツ!


ケアンズでもビーチにココナッツの木がたーくさん!



オイルケアラバーな私。


またしても素敵万能オイル見つけました(笑)




それがご存知ココナッツからとれるオイル!




ココナッツオイル



パーム油?とか思って今まで興味がでなかったのですが、パーム油(ヤシ油)とココナッツ油は別物です。




私もオーストラリアに来るまでヤシの木=ココナッツ

というイメージがあったのですが、実はヤシの木ってすごく種類が多くって、ココナッツができるココヤシはその数ある種類の中の一つでしかないのですよね。

しかもココヤシでも種類があります。



パーム油はココヤシではなく、アラブヤシというヤシの実からとれる油です。





さて、このココナッツオイル。何がいいかって


オリーブオイルよりも高い抗酸化作用!

劣化しずらく、太陽に当たってもオイル焼けせずむしろ紫外線のダメージから肌を守ってくれます。

そして抗酸化といえば、アンチエイジングでございますwww



さらにココナッツオイルの特徴は成分の半分を占める



ラウル酸


これ母乳にも含まれている成分で、抗菌作用に優れています。



乾燥肌や敏感肌、アトピー性皮膚炎の方にもココナッツオイルはいいのですが、特に肌トラブルがある方は皮脂生成がうまくいっていないと皮がカサカサ乾燥していて敏感になっていたり、皮がむけていたり・・・傷のようになっている事もしばしば・・・

ココナッツオイルのように抗菌作用があるものを使えば、保湿プラス傷部分を外敵や菌から守ってくれる働きもあるという利点もあります!


そしてココナッツオイルはビタミンEが豊富!実ビタミンEは美肌に欠かせない成分!みんなビタミンCばかりに目が行きがちになるのですが^^;ビタミンEは抗酸化!若さのビタミンとも呼ばれるの美肌成分です。




そしてね、ココナッツオイルのすごい所は実は



食べてもよし!ダイエット&健康にいいオイルなのです♪


coco-header.jpg



ココナッツオイルはオリーブオイル同様、トランス脂肪酸を含まないオイル!

トランス脂肪酸を取りすぎると、肥満、動脈硬化や心臓疾患のリスクを高めると言われます。


ちなみに、良くないオイルは
・コーン油
・ベニバナ油
・キャノーラ油
・ひまわり油など・・・



食事にココナッツオイルを摂りいれる事!健康にダイエットしたい方にはおススメです♪




ピュアなバージンココナッツオイルが食用となりますが、サプリとして毎日取ったり、サラダなどのドレッシングに、または料理に使ってもいいですね。


もしろんビタミンEが豊富なので、塗ってもいいし、食べて体の中からアンチエイジングも!




そしてココナッツオイルは赤ちゃんにも使えるやさしいオイル、もし赤ちゃんが舐めてしまっても問題なし!


妊娠、授乳中のママさんにも最適!


日焼け後の肌ケアに最もいい!


髪、顔、体と全身に使える!


ピュアオイルだと食べて健康維持!




本当に万能さんオイルです♡




ちなみに、ココナッツオイルに精油などが配合され、さらなる効能が得られるオイルも。


1322087115.jpg





ケアンズでとれたココナッツオイルを扱うお店があります。
こちら⇒ケアンズ産クオリティーギフトショップPouch


日本からインターネットで購入可能です。




私も試してみましたが、さらっとして使いやすかったです^^

ピュアオイルは25度以下で固形化してしまうのですが、これはやはりピュアな証!

大きな口の瓶に入れておくと固まっても取り出しやすです。固まっても手の上に置くと体温ですぐに溶けてきます。



















自分にあったオイルの選び方

オーガニックナチュラルスキンケアショップOrganaturicsのCanaです♪



ピュアな天然の植物オイル



混じりけがなく、ピュアなオイルだけのものや、ビタミンEなどの酸化を防止する成分のみなど


本当の無添加!といっていいほど化学成分は使われなないので、


シンプルですが、安心!と私は思うのですが、



いくら天然の植物オイルだからと言ってもすべての方に全部が合うという事にはなりません。




私の場合は使ってみて、ホホバオイルが一番合うのですが、オリーブオイルはポツポツにきびがちょっと出てしまったり・・・



人それぞれ肌質は違いますので、合う合わない、またはそのオイルの成分が肌に必要ないという場合もあります。



個人的にはホホバオイルが◎、マカダミアもまあまあ、ローズヒップは特に何も・・・これといった効果も感じず、オリーブスクワランはあまり合わないようです。




オイルが肌に合わないときは、ポツポツとにきびができたり、肌が赤くなったり、固くなったりしますが、使用を止めると収まります。



合うオイル選びですが、これは使ってみないと分からない!


合う合わないだけは、人の意見がなかなか参考にならず、自分で試すしかないと私は思っています。
やはり人それぞれですからね!



私がいいとおススメするホホバがダメな人だっているのです。

私が合わないと思うオリーブが合う人はいるのです。



さて、先日オリーブスクワランオイルについての記事で人間の皮脂の成分について話ました。





主成分となり『スクワラン』『ロウ』『脂肪酸』





オイルを選ぶ時の参考にこの成分を多く含むオイルは


スクワラン・・・鮫の肝油由来、もしくはオリーブ由来のみ


ロウ・・・ホホバオイルは液体のロウ(10度以下で固形化します)、みつろう


脂肪酸はたくさん種類があるのですがその中でも特に肌の健康と生活に取り入れやすい脂肪酸が

オレイン酸・・・椿、ヘーゼルナッツ、オリーブ、スイートアーモンド、アボカド、マカダミアナッツオイル

パルミトレイン酸・・・ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツ、馬油、アボカドオイル

リノール酸・・・月見草、くるみ、ごま、ローズヒップオイル

リノレン酸・・・(α)亜麻仁、えごま、しそ、ローズヒップオイルなど、(γ)月見草オイル




などなど・・・いっぱいあるのですね^^



なので、スキンケアのクリームやセラムなどはこれらのオイルがいくつかブレンドされた物がおおいですね^^


それと最近人気のアルガンオイルはリノール、リノレン、オレイン酸を含み、ビタミンEも多く含む栄養たっぷりオイルですね!



どれが自分に合うか、一つ一つ試してみて、ブレンドしてみたりして

楽しんんでいただければと思います。



*オイルを塗る前のコツ!

洗顔後化粧水などをたっぷり振って、顔がぬれているうちにオイルをつける事!

オイルはオイルですから、乾燥した肌に塗っても肌自体に水分がなければ蓋をする意味がないですね。
皮脂は肌が分泌するオイルと汗が混ざってできるものです。

なのでオイルは肌の水分に蓋をするといった感じで使います。水分があるうちにオイルをつけた方がべたつきもあまり感じず使用感もいいですよ^^






ピュア植物オイルでシンプルな肌ケアを♪










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。